”都市ガスは安いって聞くけど実際どうなの?”と疑問に思っている方もいるとおもいます。

この記事では、都市ガスとLPガスの違いをお伝えします。

LP(プロパン)ガスと都市ガスの違い

LP(プロパン)ガスとは?

プロパンガスは、正式には「液化石油ガス(LPG)」といいます。

石油などから精製されるものです。特徴としては、熱量が高く、比重が空気よりも重いです。

プロパンガスは「ボンベ」で販売されていることが多く、化粧品のスプレーとしての送出ガスとしても使われています。

なお、地域によっては、集中配管方式で各家庭に配布している場合もあります。

自動車の燃料としても使われています。

ちなみにカセット式コンロのガスは、プロパンガスです。

LP(プロパン)ガスのメリット

火力が都市ガスより強いこと、災害が起きても復旧が早いこと。

大家さんがコストをかけずに設置できること。

火力は都市ガスの2倍ぐらいあります。

LP(プロパン)ガスのデメリット

都市ガスより燃焼に酸素を多く使用するので、酸欠になりやすいこと。

そして、単価が高いこと。

都市ガスとは?

都市ガスは、主に「液化天然ガス(LNG)」と言われるものです。

熱量が低く比重が空気よりも軽いです。

都市ガスは、ガス配管で配布されるのが基本で、地域によって13Aと12Aという種類の違いがあります。

価格は、都市ガスの方が安いです。

LP(プロパン)ガスと都市ガスの料金の違い

プロパンガスの施設を維持する代金は、ガス料金に上乗せして、入居者から回収する仕組みになってます。   今は都市ガス物件で10m3使っても3000円台ですが、 引っ越し先では10m3使うと11000円になると判明。

出典:教えてgoo

私も、都市ガスとプロパン両方で居住した経験があります。 9,000円と5,000円とのことでしたが、二人になったとはいえ、簡単に倍近くになるものかとは、やはり疑問ですよね。

出典:教えてgoo

トップへ戻る